読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入社一年目の日記

社会人一年目。140字じゃおさまらない思いつきを書きます。テーマは就活、広告、ジョジョなど。

【ネタバレなし】ラ・ラ・ランドをこれから見る人にぜひ注目して見てほしい個人的ポイント8つ

このLA・LA・LAND(ラ・ラ・ランド)、僕は事前情報ほとんどなし(アカデミー賞で14部門でノミネートされてる+渡辺直美が躍り出すCMの印象のみ)で見に行ったんですけど、予告編を見て気持ちを高めてから見に行くと、なおのこと鑑賞後、感動に浸れると思います。

ネタバレはしたくないので、内容には触れず、淡々と「ここにもっと早く気付いて注目していれば…!」と思った点を並べます。

ただ、元々映画がかなり好きで、本当に本当に情報をゼロにして、自分でゼロから見たい!って人(たとえば、「監督がここにこだわった」「このシーン実は…」みたいな事実さえも知らない状態で見たい人)は、見ないほうがいいかと…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初から最後までの主人公の服装
※監督も、「コスチュームでの表現にこだわった」とインタビューで明かしている

②「最初の十数分は広告だから」と油断して、映画に遅刻することは絶対にしないこと
※見れば納得

カメラワークと編集(映像と映像の切り替わり)がすごい
※僕もズブの素人だけど、「す、すげげげえええ」てなる(撮影してるところを想像するとさらに「ほげげえええ」ってなる)

④音楽・構成・脚本も同上

LA LA LANDの辞書的意味は、以下の通り
〈米俗〉〔麻薬や酒に酔ったときに味わう〕陶酔境、恍惚、我を忘れた境地
 ◆La-La Landとも表記される。
〈米俗〉ハリウッド、ロサンゼルス◆ロサンゼルス全体を指すこともあるが、特にハリウッドについて使われる場合が多い。(英辞郎より)
〈筆者追加〉現実離れした世界、おとぎの国

デミアン・チャゼル監督は、今回のLA LA LANDの予算を獲得するための信用を得るために、段階的にまず低予算で前回の『セッション』を撮影し、「俺は映画が撮れるやつだ」と証明し、本作を撮った。

⑦同監督は青春時代、ジャズドラムに夢中だった

⑧この映画を見ると100人中168人がサントラを欲しがるが、現在Amazonでは在庫切れという事実にがっくりする。

 

たぶんもっとあるんだろうけど、見て気づいたり、見た後いろいろな人の感想や評価見て気づいた・感じた点はこれぐらいかな。

これを踏まえて、自分でももう一回見にいくか…!